検索ホットワード:ふかし枠動画

インプラス調整・補正方法

内窓Howto~サッシ障子がピッタリしまっていない気がしたら【インプラス建付け調整】

建付け調整

ガラス障子がぴったり閉まるように、戸車を調整しましょう。

ガラス障子を枠に建て込んだら、一度障子を閉めてみましょう。
上下に隙間はありませんか?
もし隙間が出来ていたら戸車を調整して隙間を無くしましょう。
ガラス障子の下部、左右に戸車調整ネジがあります。
プッシュボタンが2つ付いていますが、上はガラス障子の枠(カマチ)を留めているネジ、下が戸車の調整ネジです。

下のプッシュボタンを外し、ドライバーを入れて回します。(この作業に電動ドライバーは使わないで下さい。)
時計回りに回すと戸車が上がり、反時計回りに回すと戸車が下がります。

【戸車の下げ過ぎにご注意ください】
初期設定(最初に届いた状態)では、戸車は下がりきった状態になっています。
さらに反時計回りに回して戸車を下げてしまうと、調整ネジが外れてしまいサッシ自体を組み直さないと元に戻らなくなることがありますのでご注意下さい。
最初は戸車を上げる(右に回す)所から調整を始めましょう。

隙間は上下どちらに開いていますか?
下図を参考に、戸車を上げ下げして下さい。

この図の逆側に隙間が開いている場合は、表示と左右反対の戸車を調節してください。
ガラス障子が最初に届いた時の状態が、下図の左側です。
この状態から、時計回りにネジを回すと戸車が上がります。

これを左右で何度か行い、インプラスの枠とガラス障子がピッタリ沿うようにしましょう。
隙間があるかどうか確認しやすいのは光の入る昼間です。(隙間から光が漏れるため)
できれば明るい時間帯に調整するのをオススメします。
隙間が無くなり、ガタつきがなくなれば戸車調整完了です。

ガラス障子と上レールの掛かり(接触)部分をご確認ください。

建付け調整や戸車調整をした後、必ずご確認頂きたいのが、上枠の部分です。

上のレールとガラス障子が接する部分で、レールに掛かるところが4mm以上確保できているかをご確認ください。
4mmよりも浅かった場合、左右の調整ネジでガラス障子そのものを上げ、4mm以上を確保するようにしてください。
掛かりが浅いと地震が来たり強風が吹き込んだ際、ガラス障子がレールから外れて落下するおそれがあります。

建付け調整動画

建付け調整の動画もあります。併せてご確認ください

内窓おすすめ記事

1

目次窓の結露結露ができるまで結露を防ぐには窓のガラスを変える窓ごと新しくする内窓を付ける内窓に組み込むペアガラスの編成結露対策にオススメのガラスは 窓の結露 結露は、家の中において様々なトラブルを引き ...

2

インプラスふかし枠の仕様が変更されましたのでご案内します。 インプラスのふかし枠 インプラスふかし枠20mm・40mm・50mmサイズのコーナーカバーの取付け方法が簡単になりました。 ※ふかし枠70m ...

-インプラス調整・補正方法
-, , , ,

© 2021 激安内窓クラブの内窓DIYポータル