検索ホットワード:ふかし枠動画

インプラスのQ&A

内窓をもっと知る~ガラスとサイズで変わるインプラスの重さ

更新日:

内窓に入るガラスの重さ

よくお客様からいただく問い合わせに、「内窓のガラスってどれくらいの重さなの?」というものがあります。

ガラスの重量は、断熱用のペアガラスになりますとかなりの重量になります。

 

内窓の梱包形状

DIYで内窓を設置していただくときは、内窓商品は宅配便やメーカー便等でお届けし、玄関先にてお渡し完了となります。そこから実際に取付けるお部屋まではお客様に運んで頂くことになりますので、前もって重量がわかっていた方が安全かと思います。

通常、2枚引違い窓のガラス障子は下図のように分割されており、それぞれ1枚ずつ梱包されています。(小さい窓サイズのものは2枚一緒に梱包する場合もあります)

 

梱包の外側
中身

 

配送時、宅配会社やメーカー便スタッフがトラックからの上げ下ろしをするので、男性一人で運んで頂ける分割にはなっています。

ただ、お客様には慣れない重さだと思いますので、実際に運ぶ際はどなたかお手伝いの方と一緒に二人で運んで頂いたほうが安全です。

ガラスの重さを計算

ガラス障子の重さを計算する式があります。ここに寸法を当てはめると、ガラス障子の重さが大体わかります。

窓の縦寸(m)×横寸(m)×2.5×ガラスの厚み(mm)=ガラスの重さ(kg)

2.5というのはガラスの比重です。

例えば、縦1,800mm×横2,000mmの2枚引違い窓で、ガラスがペアガラスの場合、

寸法はmに直し、縦は1.8m、横は2mになります。

またペアガラスは3mm厚のガラスを2枚セットで使用していますので、ガラスの厚みは3mm+3mmで6になります。

1.8×2×2.5×6という式になりますね。

計算すると「54kg」となり、これが窓に入るガラス全体の重さになります。

2枚引違いですと、ガラス障子は2枚あるため、2で割って27です。(4枚建ての場合は4で割ると1枚あたりの重さが出ます)

上記のサイズの窓は、障子1枚が27キロあるということになります。(※内窓の障子はガラスだけでなく、「かまち」という障子枠も一緒にくっついていますのでこの計算結果よりやや重くなりますが、おおよその重さとお考えください。)

お引き取りなどで、重さが気になる場合はこの計算式を使ってみてください!

運搬時には十分ご注意下さい

このように、ガラスは掃き出し窓のように大きいものになると非常に重くなります。運搬の際ガラスの破損やお怪我のないよう、十分にご注意頂ければと思います。

もし重量物を運ぶことにご不安がある場合は、採寸から施工までのご依頼もお受けできますのでお問い合わせ下さいませ。

施工付き依頼お申込みフォームはこちらから

お見積りフォームはこちらから

 

 

 

-インプラスのQ&A
-, ,

Copyright© 激安内窓クラブの内窓DIYポータル , 2019 All Rights Reserved.