ふかし枠の採用について

ふかし枠は窓枠の状態によっては取付けができなかったり、補強が必要になる場合がございます。
ふかし枠採用の際は、必ず窓枠の状態をご確認ください。

窓枠の状態を確認します。

①ふかし枠の取付け面に必要な寸法は20mm以上です。
※ふかし枠を取付けない場合でも20mm以上必要です。(枠取付けねじの先端が飛び出すおそれがあります。)
②窓枠がしっかりと固定されていること(ガタツキがない)
③窓枠に傷み(腐朽、割れ)がなくねじが効くこと
④ふかし枠取付け面に段差がないこと
※段差がある場合は、取付け面を面一に仕上げるための部材(オプションの段差スペーサー等)をご用意ください。

ふかし枠の補強について

ふかし枠40・50・70を使用する場合はインプラスの脱落防止のため、下枠部分を補強することをお勧めします。
ふかし枠の補強はオプションのふかし枠下部補強部材を使用する方法と造作材を使用する方法があります。

ふかし枠下部補強部材(オプション部材)を使用した補強

インプラスの重量による、ふかし枠下部の垂れ下がりを補強するオプション部材です。
ふかし枠40mm・50mm・70mmにご使用いただけます。
※色はホワイト色のみとなります。

①壁面からの窓下枠の出幅が20mm以下で使用できます。
②窓枠下から30mmの位置にねじ止め出来る窓台・胴縁があることを確認します。

①、②が当てはまらない場合は、造作材を使用して補強をします。

③インプラスの重量で窓枠が外れないよう、窓枠を固定します。
④造作材を使用しふかし枠をうけてください。
※立ち上がりのある掃出し窓の場合は必ず補強③④を全て行ってください。

窓台・胴縁の位置の確認。

ふかし枠下部補強部材や造作材は窓台・胴縁などの躯体にしっかり固定してください。
窓台・胴縁の位置は建築図面・打診・下地センサー・下地探し針などによって確認します。

 ※木造建物の参考例です。

下地センサーで確認する場合
下地探し針で確認する場合
センサーの反応した中間点にねじ止めをしてください。
●窓台・胴縁がある場所
※胴縁に当たり、手ごたえがあります。
●窓台・胴縁がない場所
※手ごたえがありません。

脱落の可能性のある納まり例

●補強していない。
●補強材がしっかりと躯体に固定されていない。

・補強が必要だったが補強しなかった。

・下地がない所にねじを打った。
・躯体にねじが効いていない。
・指定の取付けピッチで固定していない。
(取付ねじピッチ450mm以下)
・接着剤で補強材を固定した。

●補強材が効いていない。
●壁がしっかりしていない。

・補強材が指定された寸法より小さい。
・補強材とふかし枠の間に隙間がある。

・壁と躯体の間に隙間がある。
 

 立ち上がりのある掃出し窓の補強について

立ち上がりのある掃き出し窓など、人が乗ってしまう可能性がある場所には、床からふかし枠を支える補強を造作材で行ってください。下地がない、または納まりが不明な場合も同様に床からふかし枠を支える補強を行ってください。

関連動画・記事

ふかし枠ってなに?

3方ふかし枠?4方ふかし枠?

激安内窓クラブキャンペーン情報