内窓は、ガラス障子の調整や開口部を調整することで、サイズを小さく(採寸誤差:マイナス1~4mmの範囲)製作してしまった場合でも、取付けすることができます。

今回は「横幅」が足りなかった時の枠の取付け方法について紹介します。

横幅サイズが小さいとどうなる?

横枠の取付け方

横枠は縦枠の取付け後、内側にたわませながらはめ込むように取付けます。

下枠の取付け

横幅サイズが小さいとどうなる?

横幅がぴったりサイズの場合、縦枠の間にきれいに納まりますが、サイズが小さい時は縦枠に届かずにすき間が残る状態となります。

ぴったりサイズの時の横枠の納まり

サイズが小さい時の納まり

すき間を残したまま枠を取付けると、ガラス障子が閉まりきらずに左右に動いてしまいます。

閉めることを優先すると、下図のようにガラス障子が左右に行き過ぎてしまい、鍵が掛からなくなります。
※数ミリの範囲でしたら、クレセント(鍵)の調整で解消される場合もあります。

ぴったりサイズの時のガラス障子の重なり

サイズが小さい時のガラス障子の重なり

クレセント(鍵)の正しい位置

サイズが小さいためクレセント(鍵)の位置がずれる

横枠のお届けサイズについて
引違い窓の横枠はご注文時のサイズよりも約10ミリ短い寸法でお届けいたします。この寸法は、左右縦枠の厚み分をマイナスした寸法です。サイズの間違いではありませんので、水平に取付けられる状態であれば、そのまま取付けてください。                        

■参考記事 [インプラス購入ガイド~頼んだサイズと届いたサイズが違うと思ったら【枠の寸法について】]

インプラス購入ガイド~頼んだサイズと届いたサイズが違うと思ったら【枠の寸法について】

横幅サイズが小さかった時の調整方法

クレセントで調整する

数ミリの範囲でしたら、クレセント(鍵)の調整で対応できる場合があります。

【調整手順】
1.内窓の枠をそのまま取付けます。
※開口部の変形が大きい場合は、水平・垂直になる調整を行ってください。
2.クレセントの調整をします。
まず、ガラス障子の建付け調整を行います。その後、クレセント受け側をガラス障子の枠の中に押込みます。

開口部を調整して内窓のサイズに合わせる

【調整手順】
1.片側もしくは両方の縦枠に施工調整スペーサー(オプション)を貼付け開口部の寸法を内窓のサイズに合わせます。

施工調整スペーサーを貼付けた縦枠

2.横幅の寸法差がある窓では、開口部の変形が考えられます。その場合は内窓のサイズに合わせると同時に、縦枠が垂直に取付けられるように施工調整スペーサーの厚みを調整します。

開口部の変形がある窓に取付ける枠の取付けイメージ

傾きの調整例

変形の状態に合わせ開口部を調整します。

コーキング

すき間はコーキングで塞ぎます。

■参考記事 [内窓Howto~窓枠にすき間ができたときの対策【開口部の調整方法】]

内窓Howto~窓枠にすき間ができたときの対策【開口部の調整方法】

まとめ

横幅サイズが足りない時の内窓の取付け方法についてご紹介しました。内窓は取付ける窓の開口部より小さい分には、今回のように多少の採寸誤差があっても、ガラス障子や開口部の調整をすることで取付けることができます。
しかし、開口部より大きく製作してしまった内窓の場合は、開口部に納まらないため取付けができなくなります。内窓を採寸の際は、目盛の見間違いや測り間違いにご注意ください。

激安内窓クラブキャンペーン情報