お引き取りの際、お客様から「自分の車に窓は乗せられますか?」とのお問合せをよくいただきます。お渡し時の内窓のサイズ感、積み込み方等についてご案内します。

内窓の荷姿(お引き取り時)

内窓は、ガラス障子と枠に分かれています。例えば二枚引違いの窓であれば、下図のような分割です。

枠セット

枠は左右のたて枠と上枠、下枠、枠取付けねじ、取扱い説明書が1本のダンボール箱に入っています。

ガラス障子セット

ガラス障子は二枚引違いの場合、内障子と外障子の2枚が1セットになります。

お引き取りの場合、引違い窓であれば二枚のガラス障子がズレないようビニールラップで巻いた状態でお渡しします。ガラス面の保護はしておりませんので、念のため毛布等の緩衝材をご持参下さい。
※ダンボールのご用意はありますので、ご希望であればお使いいただけます。

内窓のサイズ

・二枚引違い窓 W(幅)1,600mm×H(高さ)900mmの場合

窓のタイプによりますが、枠については横か縦かどちらか長い方のサイズに合わせて箱に入っています。
ご注文内容からだいたいのサイズが出ますので、今度は車の内寸を確認しましょう。

内窓の車への載せ方(推奨)

お受け取り頂いた内窓は、下図左のようにフラットにした後部座席に横置きするか、もしくは右のように座席に立てかけるか、いずれかの方法で内窓を積み込んで下さい。これ以外の載せ方は走行中安定せず危険なのでおすすめしません。車の内寸を測る時は、この載せ方を念頭にご確認下さい。

後部座席に横置き
座席に立てかける

車の内寸について

例えばこのような小型自動車の場合(参考:タント)

座席を倒して、そこに載せられるスペースをご確認頂き、ご注文の内窓のサイズと比較して、お客様の車に入るかどうかご検討下さい。座席を倒してフラットにならない場合は、内窓商品が振動を受けにくくなるよう毛布のような緩衝材や固定用のロープ等をご用意ください。
タイヤなどの出っ張り、ドアを閉めた時の内寸等をご確認ください。

内窓積み込みイメージ

シートを倒した時の高さは車によってまちまちなので、倒してみて内側の寸法をご確認頂き、ご注文の窓の最長サイズと比べてみてください。だいたいの場合、ガラス障子は縦寸が一番長くなるので、窓の高さ分が車に入るかを確認して頂くことになります。また窓枠は横幅がそのまま分割されずに入りますので、窓のサイズよりも長くなることが多いです。細長い梱包になりますが、その長さが入るかどうかもご確認下さい。

また、後部座席と助手席も倒し、立てかけて積む場合もあります。
窓の数が多い時は、窓の厚みもご検討下さい。二枚引違い窓のガラス障子を重ねると8センチほどの厚みになります。

軽トラックでも大丈夫?

軽トラックですと積載のサイズ的な問題はありませんが、載せた内窓が固定されていないと走行中に振動でガラスが割れる可能性があります。もし軽トラックをご利用の場合は毛布のような緩衝材と、荷をしっかり固定できるロープ類をご用意ください。

3列シートのある大きな車なら

ミニバンクラスの大きい車なら、後部座席を全て倒してその上に掃き出し窓を載せられます。

座席を倒し…

よりフラットにするため、座席のヘッドレストを外します。

平らになった部分に掃き出し窓を乗せたところ

ただ車によって座席の倒し方も変わります。座席の凹凸が大きいと、走行中の揺れでガラスが割れる可能性もありますので、保護のため緩衝材の毛布等をご用意ください。ここに乗せているのは小さめの腰窓サイズです。腰窓なら後部座席を全て倒さなくても乗せられますが、高さのある掃き出し窓をお引き取り頂く場合は、このような大型車でお越し頂くようお願いします。

 

弊社までのアクセス

下記記事にて弊社までの道のりを詳しく解説しております。

【東村山駅から】ハッピーコーポレーションまでのアクセス

お越し頂く際は前もって何時くらいの着予定かお電話でご連絡いただければ幸いです。

お気をつけてお越しくださいませ。