検索ホットワード:ふかし枠動画

内窓採寸方法

内窓Howto~開き窓の採寸方法

開き窓の採寸方法

本記事では、内窓(開き窓タイプ)の採寸方法についてご案内します。手順に沿って進んで頂ければ、ご自身で内窓の採寸が可能です。


採寸に必要な道具

採寸に必要な道具

  •   必須金属製メジャー

コンベックス等の金属製メジャーをご用意下さい。
内窓の採寸には、立ち性能に優れたテープ幅の広い金属製メジャーがおすすめです。

  •   必須筆記用具・メモ

採寸した数字をメモする筆記用具をご用意下さい。寸法の記入には「現場調査シート」をご利用頂くと便利です。

現場調査シートはこちらからダウンロードできます。

あると便利な道具

曲尺(かねじゃく)窓枠の奥行きを測る際に使用します。

水平器窓枠の傾きを確認する際に使用します。


採寸の流れ

採寸の流れ

  • 横幅寸法の採寸
  • 高さ寸法の採寸
  • 下枠奥行寸法の採寸
  • 縦枠奥行寸法の採寸

1.横幅寸法の採寸

上段(W1)・中段(W2)・下段(W3)の横幅寸法を実測します。

参考

窓枠内側の横幅寸法を実測します。

step
1
上段(W1)・中段(W2)・下段(W3)の横幅寸法を実測します。

W1・W2・W3の3ヶ所を実測します。

+ 測り方の詳細


メジャーが水平になるように実測します


窓縦枠の内側にメジャーの先端を押し当てます。


メジャーを伸ばし、窓枠内側の寸法を実測します。

W1~W3の寸法差が3mm以上ある場合は、窓枠とインプラス枠の間に調整スペーサーを敷いて窓枠の補正をします。

step
2
中段(W2)・下段(W3)も同様に実測します。

step
3
実測した寸法の最小値を横幅の寸法とします。

内窓は今ある窓枠の内側に取付ける商品です。
横幅の寸法は、窓枠の最小値を確認するために「上段~下段」の3ヶ所以上を必ず実測してください。窓枠は建物の状態により歪みや傾きが発生しています。歪みや傾きのある窓枠に内窓を取付けるためには、内窓の製作寸法は窓枠の最小寸法で製作する必要があります。
※ご注文した内窓の寸法が窓枠の最小寸法より大きい場合、窓枠内に内窓が納まらなくなる恐れがあります。


2.高さ寸法の採寸

左側(H1)・中央(H2)・右側(H3)の高さ寸法を実測します。

参考

窓枠内側の高さ寸法を実測します。

step
1
左側(H1)・中央(H2)・右側(H3)の高さ寸法を実測します。

H1・H2・H3の3ヶ所を実測します。

+ 測り方の詳細


メジャーが垂直になるように実測します


窓下枠の内側にメジャーの先端を押し当てます。


メジャーを伸ばし、窓枠内側の寸法を実測します。

H1~H3の寸法差が3mm以上ある場合は、窓枠とインプラス枠の間に調整スペーサーを敷いて窓枠の補正をします。

step
2
中央(H2)・右側(H3)も同様に実測します。

step
3
実測した寸法の最小値を高さの寸法とします。


内窓は今ある窓枠の内側に取付ける商品です。
高さの寸法は、窓枠の最小値を確認するために「左側~右側」の3ヶ所以上を必ず実測してください。窓枠は建物の状態により歪みや傾きが発生しています。歪みや傾きのある窓枠に内窓を取付けるためには、内窓の製作寸法は窓枠の最小寸法で製作する必要があります。
※ご注文した内窓の寸法が窓枠の最小寸法より大きい場合、窓枠内に内窓が納まらなくなる恐れがあります。

横幅(W1~W3)や高さ(H1~H3)の寸法差が3mm以上ある場合、内窓を最小寸法で製作すると窓枠とインプラス枠の間にすき間が生じます。そのときは、調整スペーサーを敷いてすき間の補正をしてください。

すき間の補正方法については以下の記事をご覧ください。


内窓Howto~窓枠に歪みがある場合【1.補正方法】

家の築年数がある程度経つと、窓の枠が歪む事があります。内窓の採寸時には、窓枠を何箇所か測って一番短い寸法を採用して頂くようお願いしておりますが、上下または左右で5mm以上の誤差が出る場合は、実際に内窓 ...

続きを見る


内窓Howto~窓枠に歪みがある場合【2.シーリングについて】

目次隙間埋め~シーリング施工道具が準備できたら施工していきましょう! 隙間埋め~シーリング施工 窓枠と内窓の隙間ができた場合、スペーサー(調整用プラ板)で埋めていきます。 隙間を埋めて内窓の枠をつけた ...

続きを見る


3.有効寸法(窓の奥行き)の採寸

下枠側(A)・縦枠側(B)の奥行き寸法を実測します。

参考

窓の奥行き寸法を有効寸法と呼びます。
下枠側の奥行きがA寸法、縦枠側の奥行きがB寸法です。


有効寸法は、室内側に最も出ている部分から窓枠先端までの寸法を実測します。

既存サッシのアングルが最も室内側に出ている場合

既存サッシのハンドルが最も室内側に出ている場合

step
1
下枠側・奥行き(A)寸法を実測します。

室内側に最も出ている部分から窓枠先端までの寸法を実測します。

+ 測り方の詳細


既存サッシの最も出ている箇所から窓枠先端までを計測します。※写真はサッシアングルからの例

窓枠内にカーテンレール、手すり、ブラインド等がある場合は、それらの室内側に最も出ている部分から窓枠先端までの寸法を実測します。
状況によっては、移設もしくは撤去が必要になるときがあります。

step
2
縦枠側・奥行き(B)寸法を測ります。

室内側に最も出ている部分から窓枠先端までの寸法を実測します。

+ 測り方の詳細


既存サッシの最も出ている箇所から窓枠先端までを計測します。※写真はサッシアングルからの例

step
3
奥行き寸法が55mm以上あれば、開き窓タイプの内窓は取付け可能です。

開き窓タイプの内窓を取付けるには55mm以上の有効寸法が必要です。55mm未満の場合はふかし枠を窓枠に取付けて有効寸法を延長します。

有効寸法が55mm未満のときは!

有効寸法が55mm未満のときは、ふかし枠の取付けをご検討ください。

ふかし枠[オプション]を採用して内窓を取付ける
「ふかし枠(4タイプ:20/40/50/70mm)」を窓枠の先端に取付けることで、有効寸法の延長ができます。


内窓Howto~ふかし枠ってなに?【四方ふかし枠・三方ふかし枠とは?】

内窓インプラスのふかし枠は、窓枠の奥行き寸法を延長させるオプション部材です。 ふかし枠は、窓枠の四方(上下左右)に取付けますが、窓の納まりによっては、窓枠の三方のみに取付ける場合もあります。 この記事 ...

続きを見る


step
4
実測した寸法を有効寸法(A)(B)とします。

採寸箇所に迷ったら【写真判定サービス】

おすすめ

採寸箇所に迷ったら「ここに内窓をつけたい!」と考えている窓の写真をお送りください。
プロの施工士が取付けが可能かどうか判定いたします!

写真判定サービスのご利用はこちらから


その他、ご不明点や気になることがございましたらお問い合わせ下さい。

▶ 開き窓の採寸方法に関するお問い合わせ先

激安内窓クラブ お客様窓口
フリーダイヤル:0120-1134-37
メールアドレス:customer@happycorp.co.jp

激安内窓クラブの簡単見積りはこちらから!

内窓おすすめ記事

1

目次窓の結露結露ができるまで結露を防ぐには窓のガラスを変える窓ごと新しくする内窓を付ける内窓に組み込むペアガラスの編成結露対策にオススメのガラスは 窓の結露 結露は、家の中において様々なトラブルを引き ...

2

インプラスふかし枠の仕様が変更されましたのでご案内します。 インプラスのふかし枠 インプラスふかし枠20mm・40mm・50mmサイズのコーナーカバーの取付け方法が簡単になりました。 ※ふかし枠70m ...

-内窓採寸方法
-

© 2021 激安内窓クラブの内窓DIYポータル