検索ホットワード:ふかし枠動画

内窓採寸方法

内窓Howto~内窓設置に必要な奥行『有効寸法』を知る

更新日:

内窓の採寸をする際、窓枠の縦横の採寸に加えて「どれくらいの奥行があるか」を確認します。

内窓設置に必要な奥行寸法は、窓の種類によって異なります。

引違い窓の場合

引違い窓に内窓を取付けるには、既存窓枠の奥行が70mm必要です。

まずは窓枠にどれくらいの奥行があるか確認します。

下図の3カ所のうち、どこが最も室内側に飛び出しているかを確認し、その一番飛び出ている場所から、窓枠の先端までを計測します。

確認する場所

①アングル

召合せ框(めしあわせかまち)
窓の中央の枠部分

③クレセントの柄を室内側に90度倒した先端

ここで測った数字が奥行の「有効寸法」です。

実際に内窓を取付けるのに必要な奥行は70mmになりますので、この有効寸法が70mmに満たない場合は「ふかし枠」という部材を使って窓枠を延長させ、70mmを確保します。

参考記事 ふかし枠って何?

奥行を計測するとき、このような金属製のL型定規「曲尺(かねじゃく)」があると計測に便利です。「指矩(さしがね)」「曲り金(まがりがね)」などとも呼びます。

FIX窓・開き窓の場合

FIX窓及び開き窓タイプの内窓を取付けるには、窓枠の奥行が55mm必要です。

引違い窓と同様、この55mmを確保するため、窓枠にどれくらいの奥行があるか確認します。

下記のいずれかのうち、一番室内側に飛び出しているところから窓枠の先端までを測ります。

アングル

①アングル

ハンドル(開き窓の場合)

②ハンドル(開き窓の場合)

奥行が55mmに満たない場合は、ふかし枠を使って55mmを確保します。

※ふかし枠について詳しくは下記記事をご参考下さい。

内窓のギモン~ふかし枠ってなに?【どんなもの?どんな時に使うの?】

インプラスのオプション部材・ふかし枠を採用するときの注意点

内窓おすすめ記事

1

目次窓の結露結露ができるまで結露を防ぐには窓のガラスを変える窓ごと新しくする内窓を付ける内窓に組み込むペアガラスの編成結露対策にオススメのガラスは 窓の結露 結露は、家の中において様々なトラブルを引き ...

2

インプラスふかし枠の仕様が変更されましたのでご案内します。 インプラスのふかし枠 インプラスふかし枠20mm・40mm・50mmサイズのコーナーカバーの取付け方法が簡単になりました。 ※ふかし枠70m ...

-内窓採寸方法
-, , , , ,

Copyright© 激安内窓クラブの内窓DIYポータル , 2019 All Rights Reserved.