検索ホットワード:ふかし枠動画

内窓マメ知識

夏の暑さ対策~内窓でお部屋の暑さを解消!【遮熱高断熱ペアガラス】

夏、お部屋が暑くなる原因は?

夏は部屋が蒸し暑くて辛い、何とかならないの?という方は大勢いらっしゃるかと思います。

室内の温度を上げる原因となる熱は、およそ7割が窓から流入します。

昼間に窓から日差しが入ることで、外部の熱がどんどん室内に流れ込み、お部屋が直接暖められていきます。

この日差しによる熱を「日射熱」といいます。この熱が建物内に蓄積されるため、太陽が沈んだ後も室内が暑く、一向に涼しくならないのです。

暑さ対策のためには、窓から流入する日射熱を抑える=遮熱することが重要です。

 

どうすれば遮熱できるの?

そこで内窓です!

内窓には様々な機能のガラスを入れることができます。遮熱機能を持つ「遮熱高断熱ペアガラス」を使った内窓を設置すれば、ガラスに加工された特殊な金属膜が、窓から入り込む日射熱を大幅にカットします。

 

内窓は室温をどれくらい抑えられるの?

下図は夏の暑い窓辺を模した試験ボックスの温度比較です。

左は今ある窓(外窓)のみ、右は窓にインプラスをつけた状態です。

遮熱ガラスの内窓をつければ、こんなに熱を抑えてくれるんです!

遮熱ガラスで外からの熱を遮ることによって室温が上昇しにくくなります。また内窓と外窓との間に空気層ができ、その空気層が魔法瓶のように室内側の気温をしっかり保つので、冷房効果が高まります。

内窓を実際に付けた方から、こんなコメントを頂いております!

埼玉県 30代 Mさん

朝、仕事に行く前に冷房を切ってでかけます。すると夜帰ってきた時も朝と室温があまり変わっておらず、まだうっすらクーラーの効果が残っています。内窓のおかげで冷房が効きやすくなって、寝るときも快適です。

静岡県 50代 Yさん

部屋に入る西日がきつくて、クーラーをガンガンかけていても汗だくになってしまうのでどうにかしたくて遮熱内窓を入れました。 おかげで日が当たる場所でも、前ほどのジリジリ感が無くなりました。ガラスにはうっすらサングラス的な色が付いていますがさほど気にはなりません。

 

内窓なら明るいままで熱だけを遮れます

遮光カーテンやブラインドなどで日射熱を遮ろうとすると、部屋に差し込む光も一緒に遮ってしまうためお部屋は暗くなってしまいます。一方内窓はガラスで遮熱をするため、熱は遮りますが光はきちんと室内へ入ってきます。明るいままで遮熱できる、スグレモノなんです。

 

内窓ならエアコンの電気代を抑える効果も◎

内窓を設置することで、それまで無駄に窓から逃げてしまっていた冷暖房の効果がお部屋に留まり、エアコンの効率がぐんと上がります。今までよりはるかにお部屋が快適になる上、電気代が安くなるという嬉しいオプションも。

近年、温暖化の影響から酷暑が続いており、今後夏の暑さ対策はますます重要さを増していくことと思います。今のうちに内窓で暑さ対策をしておきましょう!

夏の暑さ対策には、「遮熱高断熱ペアガラスの内窓」が最適です!

 

 

内窓おすすめ記事

1

目次窓の結露結露ができるまで結露を防ぐには窓のガラスを変える窓ごと新しくする内窓を付ける内窓に組み込むペアガラスの編成結露対策にオススメのガラスは 窓の結露 結露は、家の中において様々なトラブルを引き ...

2

インプラスふかし枠の仕様が変更されましたのでご案内します。 インプラスのふかし枠 インプラスふかし枠20mm・40mm・50mmサイズのコーナーカバーの取付け方法が簡単になりました。 ※ふかし枠70m ...

-内窓マメ知識
-

© 2020 激安内窓クラブの内窓DIYポータル