結露対策

インプラスは結露対策としても有効です

寒くなると窓の枠やガラスに水滴が付く現象が結露です。
この結露の正体はもともと室内にあった水蒸気。暖かい空気は水蒸気を多く含むことが出来ますが、冷たい空気は暖かい空気にくらべ水蒸気を含めません。
このため、暖かい空気が窓辺で冷やされると、行き場が無くなった水蒸気がガラス面やサッシの枠に結露となって発生します。
この結露は見た目の悪さはもとより、放置しておくとカビの原因になります。

結露発生のメカニズム

インプラスで結露を防止できるの?

窓ガラスの結露は窓際の空気が露点よりも冷たいガラスに触れることで起こる現象です。
二重サッシインプラスは、既存サッシにさらに1枚窓を重ねる事で室内の暖かさを逃がしにくい上、外気の冷たさも伝わりにくいので、窓のガラス面が冷え にくく結露の軽減に有効です。

上の写真からわかるように、内窓インプラスは高い断熱効果を持ち、 窓からの熱の放散を防ぎます。窓辺の温度の低下が少ないので嫌な結露が発生しにくくなっているのが分かります。
外の冷たい空気と、中の暖かい空気の温度差を少なくしてくれるので、結露対策にも抜群なんですね。

※熱源に『石油ファンヒーター』を使うと、結露が発生しやすくなります。 石油ファンヒーターを使った場合、インプラスを設置しても結露する場合があります。

※通常の透明ガラスや型ガラスではなく、ペアガラスを組みこむことで、 さらに断熱効果を高めることが出来ます。詳しくはガラスについてをご覧ください。

ガラスを選んでさらに結露を軽減

窓を二重にすることで新しい空気層を作れば断熱効果は大きく向上します。
リクシルのインプラスは組み込むガラスを選べる内窓です。
ガラスをより断熱性能の高いものに変えることで、インプラス結露への効果は 非常に大きな差が出てきます。 インプラスにおいて「ガラス」は「断熱材」です。インプラスで熱をどれだけ 遮断できるかは、この断熱材の性能によって変わってくるのです。

結露対策のガラス選び

重度の結露
外窓のガラス面の状態
ガラス面が上から下まで結露でびしょびしょ。 大粒の水滴が流れて筋が出来る状態。窓枠の下には水たまりができる状態。
重度の結露
中程度の結露
外窓のガラス面の状態
ガラス面は全面結露で曇っている。 窓枠の近くやガラス面の四隅に水滴が確認できる状態。外窓サッシの下レールの中に水が溜まる状態。
中程度の結露
軽度の結露
外窓のガラス面の状態
ガラス面の一部、または全面がうっすら結露で曇っているが水滴にはなっていない状態。 (窓枠には水滴がついている)
軽度の結露
断熱・結露対策に適したガラスについて詳しく見る
内窓インプラス写真判定サービス FAX見積 内窓インプラスDIY教室 お客様の声 内窓インプラスに関する各種お問合せ 内窓コラム 激安内窓クラブブログ 激安内窓クラブ公式ツイッター 激安内窓クラブ公式Facebook